検品タイプは何を選んだらいいですか?

「オープンロジ商品ID」を推奨しております。

「オープンロジ商品ID」をお選びいただいた場合は、入庫明細書PDFに出力される「仕分けラベル」を印刷・仕分けた商品に貼付ください。
貼付け方については「入庫依頼時に注意することはありますか?」をご確認ください。

また、「オープンロジ商品ラベル」は、入庫の際に弊社が利用しているバーコードを、お客様が各商品に貼付していただく検品方法です。

それ以外の検品タイプにつきましては、実際の商品にそれらが記載されており、かつオープンロジ上でそれらの情報が確実に登録できている場合に限り検品可能となります。

検品時に商品が特定できない場合は、不明商品として登録され、出庫可能となるまでお時間をいただくことになりますのでご留意ください。

検品タイプと検品方法

検品タイプ 検品方法
「商品名」検品

入庫依頼時に指定された商品名と、商品本体や外箱などに記載してある商品名をもとに検品します。

入庫時依頼時の商品名は日本語表記、商品パッケージは英語表記など、言語が違う場合には商品を特定できない場合がございますのでご注意ください。

「商品コード」検品 商品登録時にご登録いただいたお客様の独自コードで検品します。
「管理用バーコード」検品 お客様独自のJANコード(JAN13)で検品します。

この検品タイプをお選びいただくには、商品登録時に「管理バーコード」をご入力いただく必要がございます。
「商品画像」検品

検品負荷の高い検品方法ですので、入庫完了にお時間をいただくことがございます。

判別難易度が高く、判断箇所がわからないケースもあります。誰もが判別可能な簡単なカラーバリエーション展開などの場合にのみ有効です。

アパレルなど着用画像での画像検品は、ほとんどの場合において商品を特定できませんのでご注意ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。